スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェニーちゃんとコード刺繍その2

 珍しく次回予告したのに遅くなってすみません……。早速どうぞ!

コード刺繍ワンピース

 あれ……? コード刺繍?

 前回のドレスを先に見てしまうと、ちょっと地味な感が否めませんね……。
 でも今回は量で責めますから! これ以外のデザインもまだまだありますからっ!

コード刺繍ワンピース横

 とりあえず横向き。
 裾はやっぱり変形のハートです。一連のシリーズなのです!

コード刺繍ワンピース後ろ

 まぁなんてことないんですが、後ろも見てやってください!

 洋裁をやらない私からするとごく普通の後ろ姿でも、洋裁をされる方にとっては色々な情報が詰まっているのかもしれない!? と思っています。

コード刺繍ワンピース+短めケープ

 そして前回のケープとの合わせ技!
 どうですか!? 一気に可愛さが上がった気がしませんか!?

コード刺繍ワンピース+短めケープ横

 欲張って色んな組み合わせや角度で撮ったせいで、今回写真の枚数が跳ね上がりました。
 全部で35枚あります……。

 ああっ、待ってください! 逃げないでっ!

コード刺繍ワンピース+長めケープ

 いやー、同じ生地と意匠でそろっていると、ホント組み合わせが楽しくてっ!!!
 是非見ていただきたくて!
 画像を縮小するともったいないような気がして!

 ……でも快適に見ていただけるのか少し心配です。

コード刺繍ワンピース+長めケープ横

 二種類のケープは前回ご紹介したので、「そんなに色んな角度いらないよ?」と思われるかもしれません。

 でも組み合わせによって、スカートの裾のラインとのバランスが変わってくるのがなかなか面白いと思うんです!

 裾のラインは横から見た方がわかりやすいですね。

コード刺繍細身ワンピース

 今度は細身のワンピース!

コード刺繍細身ワンピース横

 袖には左側だけコード刺繍がされています。

コード刺繍細身ワンピース後ろ

 後ろもちょこっと! なんだか可愛い(笑)

コード刺繍細身ワンピース+帽子

 やっぱり帽子とか、

コード刺繍細身ワンピース+短めケープ

 ケープとか組み合わせた方が格が上がると思うんだな!

コード刺繍細身ワンピース+長めケープ

 でもこのワンピースとこっちのケープの組み合わせはなんだかイメージ違いますね(笑)

コード刺繍細身ワンピース+ジャンパー

 新しい上着もできました!
 これにもハートがバッチリと主張しています!

 この写真だとちょっとわかりにくいですが、足にはストッキングをはかせています。
 母が今まで作ってきたストッキングは実際にタイツやストッキングの切れっ端からできていました。
 が、今回はスルスルした生地で作ったので、「どうしよう、全然足に沿わないわー」と困っていました。

コード刺繍細身ワンピース+ジャンパー横

 横からのアングル。
 ……ストッキングがだぶついてしまっているのが丸わかりですね。

 上着はもこっとした感じです!
 うーん、この上着にはこのワンピースより……。

コード刺繍スキーウェア未満

 こっちの方が似合うかな! ミトンかわいいよミトン!

コード刺繍スキーウェア未満横

 靴下は『不思議の国のアリス』のしましま靴下を参考に作ったそうです。

 毛糸と、土台の生地と、もう一種類薄ーい生地(上記のストッキングを作った生地)でできています。

 なぜわざわざ三種類組み合わせたかというと、土台の生地が本当に残り少なかったので、仕方なくなんだとか(笑)

コード刺繍スキーウェア未満後ろ

 それにしても、一見スキー場にいそうなのに、太股のせいで暖かいんだか寒いんだかわからない格好になってしまいました(笑)

 でも仕方ない! スキーズボンを作る生地は残っていなかったから!

コード刺繍スキーウェア未満中身

 上着の中身はこんなふうになっています。一気に寒く!(笑)

 あの上着は中身に長袖を着せても余裕でおててが通るんですが……。
 長袖のシャツ自体が今のところ細袖のものしかないので、つい半袖を着せてしまいます(笑)

コード刺繍アリス風

 さらにちょっとだけアリスっぽく!

コード刺繍アリス風横

 二つのポケットはハート型で、実際におててが入るようになっています。

 そんなの絶対入れさせるとも!!!(笑)

コード刺繍アリス風後ろ

 お気づきだとは思いますが(笑)、こっちのしましまソックスは短めです。
 長いのと短いの、二種類あります!

コード刺繍アリス風+短めケープ

 そしてケープ! やっぱりケープ可愛いよおお!!

コード刺繍アリス風+短めケープ別帽子

 帽子を替えてみます。これも結構いける気がする……?

コード刺繍アリス風+長めケープ

 こっちのケープもこれならなかなかいいのでは!

コード刺繍アリス風+長めケープ横

 横からのバランスも可愛いです!

コード刺繍アリス風裏

 ところでこのスカート、小さな四角い断片を接ぎ合わせてあるんですね。

 なんでそんなややこしいことしたの? というと、生地が残り少なかったからで……。

 最後の一かけらまで使い切ってやる! という、母の根性のたまものです(笑)

コード刺繍スカート

 こちらが今回最後の作品! スカートです!

 これまた残り少ない生地を接ぎに接ぎ、コード刺繍でなんとかつなぎ合わせてあるので、なかなか裾線が落ち着きません……。

 でもこれで「本当の本当に生地を全部使い切ったわ!」と、母はご満悦でした(笑)

 母は元々端布を捨てることができないたちで、ウエスにもしません。

 数十年前の細かい端布も未だに保管していて、完璧に使い切るというのはとても珍しいことだったようです(笑)

コード刺繍スカート上から

 こうして見るとかなりごちゃごちゃしていますね。

 裾の方は切りっぱなしの生地を接ぎ合わせてあります。

 ……うーん。いやー、その……。
 正直ね、最初見たときは「布を使い切りたいあまり、デザインを犠牲にしちゃってないか?」とちょっぴり思ったりしたんです……、が。

コード刺繍スカート+短めケープ

 やっぱりケープと組み合わせると格が上がる!

コード刺繍スカート+長めケープ

 うーん、白いシャツがちょっと浮いてる……? かな?

コード刺繍スカート+ジャンパー

 おっと、これは意外にいいんじゃないか!?
 こうして見るとこのスカートもなかなかイイじゃない! 段々良さがわかってきたぞ!!

コード刺繍スカート+ジャンパー横

 ……と、こんな感じで!
 色々組み合わせてみるのって本当に楽しいんです!!

 さて、そういえばこの上着、まだ後ろ姿をちゃんとお披露目していませんでした。

コード刺繍スカート+ジャンパー後ろ

 じゃーん! やっぱりハートシリーズなのでした!

コード刺繍シリーズ

 ……ふぅ。
 私の着せ替えごっこにつきあっていただき、ありがとうございます(笑)

 バッチリ決まっている? 組み合わせもあれば、ちょっと微妙かも? という組み合わせもありましたが、それもまたよし!

 色々試せるっていうのが最高です!

 それにしても、母はずいぶんとたくさん縫ってくれました。
 枚数は多いですが、夢中になると一気に縫うタイプなので、そんなに時間はかかっていなかったと思います。
 短い間に精力的に縫い、そして……。

 今はまったく縫う気配がありません!!!!

 母ー! 母ー!

母:「寒い!」

 そんなこと言わずにー! ほらーブログのコメントや拍手を見て! ね!

母:「春になったらそのうちまた縫う気になるわよ!」

 本当かー? 本当だなー? 期待しちゃうぞー? 本当だなー?

母:「……たぶんね」

 ……まぁ母だからね。

 とりあえず春までの間、図書館で洋裁本を借りたりして母の創作意欲をチクチクと刺激したいと思います!
関連記事
スポンサーサイト

ジェニーちゃんとコード刺繍その1

 『コード刺繍』とはなんぞや?

>布の上にひも・リボンなどを置き,とじつけて模様としたもの。

>コード刺繍とは - Weblio辞書
>http://www.weblio.jp/content/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E5%88%BA%E7%B9%8D


 なるほどね! というわけで、早速見ていただきましょう!

コード刺繍ドレス

 毛糸のコード刺繍です!

コード刺繍ドレス斜め上から

 ……すごいな。

 母のこの、面倒くさがりでありながら時にとてつもなく面倒くさげなものを見事に完成させる矛盾したパワーはいったいなんなのだろう……。

 って、似たようなことを前も書いた気がしますが(笑)、本当に不思議です……。

コード刺繍ドレス横

 ある日、私が図書館で『栗山武子のエレガントドレス刺繍』という本を借りてきました。

 とりあえず「ドレス」と名の付く洋裁の本は片っ端から借りてきて、自分では読まずに(笑)母に渡すことにしているのです(笑)

 すると母が「コード刺繍やってみたい! 今度はコード刺繍の図案の本借りてきて!」と言いました。



 コード刺繍についての本を調べましたが、図書館の枠をはみ出して検索しても、なぜかそれらしいものが見つかりません。

 ……コード刺繍って人気ないのかな? ビーズ刺繍の本は割とあるのに。
 それとも探し方が悪いだけ?

 まあ別にコード刺繍じゃなくても図案があればいいんだろ? ということで、図書館から適当に本を借りてきました。

 『セルティックキルト―1本のバイアステープから素敵な模様が自由自在』という本です。



 内容は題名通り。
 バイアステープで作るための図案を、母は毛糸でやりました。

 といっても、変なところで面倒くさがりなので、「そのまま作るのはめんどいから適当に参考にしたわ!」とのことです(笑)

コード刺繍ドレス上から

 ハイみなさんご一緒に。

「「「めんどさの基準がわからんわっ!!!」」」

コード刺繍ドレス後ろ

 母は「テキトー、テキトー」と言いますが、こうした左右対称の模様を一見歪んでいないように見せるって実はかなりスゴイことじゃないかと思うんですよ……。

 あ、セルティックキルトの本では本来、両面テープ(?)できっちりと図案を作ってからバイアステープを置いていくようです。

 が、うちの母がそんなめんどい手順を踏むわけがない!

 本を見ながら布の上に毛糸を遊ばせ、図面も何も写し取らず、テキトーにまち針を打っていました(笑)

 ……うーん、確かにスゴイはずなのだが、作業工程を明らかにすると「ある意味」が0.5くらい付きそうになるなぁ……。

 もちろん私にはどうやったってマネできません!(笑)

コード刺繍ドレス後ろ上から

 せっかくなので舐めるようにご覧ください(笑)

コード刺繍ドレス+ケープ

 じゃーん! またまたケープ! 手袋もあるよ!

コード刺繍ドレス+ケープ上から

 ケープの裾模様は変形のハートです。
 帽子のてっぺんについているハートに合わせてありますが、毛糸の太さで潰れちゃって、ちょっとわかりにくいですね。

コード刺繍ドレス+ケープ横

 いつものことながら髪の毛で隠れて後ろが見えない!

コード刺繍ケープ

 もちろん後ろにも模様があります。

 さらに~~~?

コード刺繍ドレス+ケープ(長)

 こんなフード付きのケープもあるよ!!!

コード刺繍ドレス+ケープ(長)横

 短い方のケープは前回と同じデザインでしたが、こっちの長いのは新出デザインですね!
 ツンと突き出た頭のてっぺんがなんだか可愛いです!(笑)

コード刺繍ドレス+ケープ(長)後ろ

 後ろにはやっぱりハートがついています。
 広げてみるとこんな↓感じ!

コード刺繍ケープ(長)

 両端の模様も実はハート!
 全体の印象はエレガントながら、こっそりと可愛らしさを散りばめてあるのでした!

 ……さて。
 このあとしばらく母はコード刺繍にハマります。

 次回は『コード刺繍その2』になりますが、……先に言います。

 同じ毛糸、同じ生地です(笑)

 でも今度はドレスじゃなくてカジュアル系!

 また少し雰囲気が違うので、よかったら見てやってください(笑)
関連記事

ジェニーちゃんと冬は寒いドレス

 最近もー寒くて寒くて……。そんなときにこちらのドレス。

冬は寒いドレスアップ

 さ、寒い……!

冬は寒いドレス

 いやいや、パーティー会場は暖房完備だと思うので!!
 たぶん冬でもこんな感じですよね!! たぶん!!

冬は寒いドレス横

 前の裾がちょっと上がっています。

 型紙通りに作るとどうしても前が短くなるそうで……。
 なんでだろう? ジェニーちゃんが歩くとき裾を踏まないように?

 母は型紙より長めにとっているらしいのですが、やっぱり短い! 短いよ!?

 このドレスは本来、裾にもビーズがズラリと並ぶデザインらしく、その分余計に短かったのかもしれません。

 母:「でもビーズそんなに持ってないから!」

 これで完成ということでした。世知辛い!

冬は寒いドレス上から

 トレーンが長いので、全部映すと画像が小さくなってしまいます。遺憾!
 大きい画像のまま掲載するとブログデザイン上、右端が切れてしまいます。遺憾!!

 この画像はたぶん右端が切れていますが、画像をクリックすると全体が見られる……はずです!

 ところで。このドレスは前回の冬用ドレスと同じ生地でできています。

 つまり。

冬は寒いドレス+帽子+ケープ

 帽子とケープを合わせられます!

 おお! いきなり暖かそうに!!

 お袖がないので手袋もつきました!
 ケープの裾から肌色の腕が伸びているのもなかなかイイ! 寒そうだけど!(笑)

 流用がきくのってすっごく嬉しいです!

防寒アイテム

 お得感満載アイテムでした!!

 ……はい、今回の記事、ここで終わり! 以下は言い訳と感謝のご挨拶であります。

 実はこのドレス、11月頃に縫われたものでして……。(またか)
 私の都合でグズグズしていたところ、拍手で応援メッセージをいただいたので慌てて掲載いたしました。
 いえ、応援あるなしに関わらず更新はするんですが……っ!
 リアルでは母の作品を誰かが見てほめてくれる機会が全然ないので、娘めは変な義務感を持っていたりもするんですが……っ!(笑)
 つい後回しにしてしまっているタイミングでコメントをいただくと、やはりブーストがかかります(笑)

 いつもありがとうございます。

 母は現在冬眠中。しばらくミシンの前に座っていませんが……。
 まだもう一シリーズ未発表のものが私のところで止まっているので、(オイ)
 近々更新できるように頑張ります。頑張ります……。
関連記事

ジェニーちゃんと冬用ドレス

 最近寒いのでジェニーちゃんも冬仕様です!

 はい!

冬用ドレス

 シンプルなドレス……ですが、あちこちにもふもふがついているのがおわかりいただけますでしょうか!

 今回の新しい要素はこれだけ!

 でもこれが結構可愛いんですよ~!

冬用ドレス横

 母もほんのちょっとでも今までと違うことをすると新鮮な気持ちになれて楽しいようです。

 もふもふがついているのは襟と、袖と、裾ですね。

冬用ドレス後ろ

 一応後ろ姿も。おしゃれな柄です!

冬用ドレス上から

 上からのアングル。裾が広いと撮影スペースに収まらなくて……。毎度毎度困ります。

冬用ドレス+帽子

 帽子もあるよ!

冬用ドレス+帽子上から

 母は最初、『銀河鉄道999』のメーテルが被っているようなコサック帽を作ろうとしていました。
 が、気がついたらこんな感じに。あれ?
 でも「コレ可愛いでしょ? お気に入り!」とご満悦な様子です。

冬用ドレス+帽子+ケープ

 さらにさらに、ケープもあります!!

冬用ドレス+帽子+ケープ横

 このケープがこれまたすっっごく可愛いと思うんですよ!

 母も昔から気に入っているデザインのようで、「娘時代に自分用に作って着ていったら、通りすがりの女性に『どこで買ったんですか?』って聞かれたことあるの~!」と言っておりました。

 母:「そのあと街でそのケープが流行ったのよ!」

 う、うーん……? そこまで言うとちょっとなぁ……。
 でも確かに可愛いから! 頭ごなしに否定はできない!!
 もしかしたらデザイナーさんに見初められたのかもしれないよね!!!

 縫う手のある人はお店の品揃えに左右されず本当に着たいものを作り出せていいなぁと思います。

冬用ドレス+帽子+ケープ後ろ

 さて、こんな冬用ドレス。

冬用ドレス生地

 よく見るととっても生地が薄いです。
 というより、織りがざっくりしてるんですね。

 寒そう!!!

冬用ドレス+帽子+ケープ上から

 生地の材質と実現したいデザインがピッタリ合わないことも多々あるようで……。

 しかし寒くても決して弱音は吐かない!!

 いつも頑張り屋さんのジェニーちゃんなのでした(笑)
関連記事

ジェニーちゃんと青の小花柄だったドレス

 ついにお披露目のときがやってまいりました……!

 覚えていらっしゃるでしょうか。
 以前ご紹介した製作中ドレスを……!

 あれが! ついに! ついに! 完成したのです!!!!

 ではご覧ください。

青の小花柄だったドレス

 ど、どうだぁーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

 って、あれ?

 ここでもう一度以前の写真を見てみましょう。

次の新作製作中

 ……あれ?

 影も形もないではないか……っ!!!!

 どういうこと?

 はい。当初の予定とは全然別のものになりました。

 母は最初、上の写真+要所要所に白と青のコードを貼ったドレスを作ろうとしていました。
 でも生地が柔らかすぎて、コードに生地が引っ張られちゃう感じになったんです。
 それで何度もほどき直していたんですが……。

 現在の姿になったのは、主に私のせいですね。はい、いつものアレです。

 私:「母~、私それ気に入らないな~」

 何もしないでケチだけつける娘、私……!

 ギャグ漫画ならとっくにボコられてるヨ! シリアス世界でもそろそろヤバイ!
 でも気に入らないことを押し隠してテキトーに褒めちゃう方がよっぽど母に対して悪いことだと思うんだ……。

 というわけで、忌憚なく言いました。

 私:「土台の生地が気に入らない」

 この土台の生地、ベージュ……なんですが、黄緑と灰色が一滴ずつ混ざったような、ちょっと不思議な色なんですね。
 しかし全体の印象として言えば、くすんでいる……。

 例えば横に真っ白な生地を持ってくると、その白さに負けて、くすんだ印象だけが残るんです。

 こうすればわかりやすいでしょうか。

青の小花柄だったドレスめくり

 母が最初につけたがっていた白と青のコードは色鮮やかなものだったので、私は合わないと思いました。
 土台の生地だけで身軽なサマードレスとかにした方が可愛くまとまったんじゃないかな~……と。

 しかしすでにロングドレスの形になってしまっている……。
 ここからなんとかしなければ!

 私:「一部に何か付けてごまかすより、いっそ全面にレース貼ろうぜ!」

 前回の記事を読んだ方からの「ワンパターン!」というツッコミが聞こえるようだ……!

 でもどうしても生地がくすんで見えたので、それしか思いつかなかったんです。

青の小花柄だったドレス斜め後ろ

 スカートの上にレースを段々に並べてみたら、母も「その方が私も好きだけど……」と言いました。

 わかってる、わかってる!
 この方が好きだけど、「ソレ土台の生地完全に死んでるよね」って言いたいんだろ?

 殺すことが目的だもの!!!!!

青の小花柄だったドレス右上から

 でも見てください。レースが透けて、生地の青い部分が見えているでしょ!?
 完全には死んでないから!
 これがこのドレスの特徴! 味! ……という設定でいくから!!
 いや~、写真で見ると微妙かもしれませんが、結構面白い透け方になったと思うんです……。

 そう、青の小花柄は礎となったのだ……。

青の小花柄だったドレス左上から

 ふんだんに使われているレースは以前の作品(→ジェニーちゃんとピンクのレース)でも使われたものです。
 何枚も重ねないとわかりにくいくらいの、淡~いピンク!
 刺繍? の部分がしっかりしていて光沢もあるので、土台の生地に打ち勝っています。

青の小花柄だったドレス上から

 ピンクに青が透けるという不思議なグラデーションをまろやかにするため、端々に水色のビーズが使われています。
 ビーズの数が足りないせいでこんな形になりましたが、これはこれでイイのではないかと!

 胸のお花の土台になっているビーズは、以前の作品(→ジェニーちゃんとピンクのケープ)で使われたピンクのお花の水色バージョンですね。十年以上前に姉が途中で放り出した作品です(笑)
 これ以上はない有効活用!

青の小花柄だったドレス左側

 ウエストは……なんだか太め。
 大量のギャザーが寄ってるから仕方ない……っ!!

 珍しく製作途中の写真があります。こんな感じ。

青の小花柄だったドレス製作過程

 饅頭に被せてある状態です。

 三段それぞれの重なり具合が気に入らないとかで、この写真を撮ったあと何度かレースを貼り直していました。
 でもウエストの太さはあまり変わってないんじゃないかな……?

 母も太さを気にしていて、ウエストの縫い代は下に倒したそうです。
 普通は上に倒すのかな???

 「下に倒したおかげでスカートがさらにふわっとしたと思うわ。でもウエストはこれ以上どうにもならない……っ」と言っていました。

青の小花柄だったドレス右側

 さて! ベールについて語りたいのですが……。
 私の被せ方が悪くて、ビーズの位置が左右でちょっとずれちゃっています。

 おかしい。注意して被せたはずなのに……。写真をパソコンで確認するまで気づかないってどういうこと?(←注意力がないってこと!)

 本当は顔を挟んで同じ高さに来るんですよぉ~~!!

 ベールは母のお気に入りです! もちろん私もお気に入り!
 後ろのリボンが前からもちょっとだけ見えて、天使の羽みたいに見えるんです! マジでマジで!

青の小花柄だったドレス後ろ

 後ろから見てももちろん可愛い!
 写真ではスカラップが重なっていてわかりにくいですが、リボンの真下は二股に分かれています。ちょうどリボンの垂れみたい。

 ただ、一つだけ。
 ドレスについている水色のビーズが、ベールで隠れがちなのが母としてはほんのちょっぴり気に入らないようでした。
 充分見えてると思うけどなぁ……。

青の小花柄だったドレス前小

 ……さて。いかがでしたでしょうか!

 なんだかんだと、とてもいいドレスができたと思うのですが!

 そうとも。青の小花柄は犠牲となったのだ……。

 しかぁし!!

 母が満足して、私が気に入っているからこれでいいのだ!!!

 ちゃんちゃん。




追記

 ベールを平らに置いた状態はこのようになります。

天使のベール?

 このブログの読者様なら容易に想像がつくと思いますが……。
 適当にギャザーを寄せて真ん中にリボンをつけただけです! 同じものは二度と作れません!

天使のベール??

 「私の辞書には『適当』という言葉しか載ってないのよ」by母。

 「知ってる!」by娘。

 まあ私の辞書もそんなもんですけどネ!!
関連記事

人気記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。