スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェニーちゃんと薔薇のスカート

 お久しぶりです! 母の新作です! じゃーん!!!

薔薇のスカート正面

 薔薇です。文句のつけようもない薔薇であります!
 ちなみに、花弁の金糸は他のレースと馴染ませるために母が刺繍しました! ちょっと浮いてる? 肉眼で見るとそうでもないんですけどねー、うーん……。

 ブラウスの襟元にも薔薇がついております!
 って、ブラウスの方は以前ご紹介した『(中世貴族風の)乗馬服の中身』ですね。(→ジェニーちゃんと乗馬服の中身その2

 私は母が乗馬服のスカートの方を縫ってくれるのを心待ちにしていました。
 これでついに! ついに乗馬服セットが完成したわけです!!

薔薇のスカート斜め

 ……それにしても豪勢だなー。
 これで馬乗るの? 乗れないでしょ!
 こういう乗馬服を着て馬に乗っていた中世の女性は本当にスゴイ。
 いや、むしろ馬がスゴイ!?

 そう思っていたのですが、型紙の載っている本を確かめると、あれ……?



 このスカート、乗馬服用じゃない。母、違う型紙と勘違いしてる!
 このスカートは乗馬服のスカートじゃなくて……外出用のスカートって書いてあるよ!!!

 外出!?

薔薇のスカート横

 いや、乗馬用じゃないにしても充分スゴイ。これで外出するのかー。そうかー……。
 スカートの裾を持ってくれる人が常に随伴しているのか、毎回メイドさんが汚れた裾を必死に洗濯してくれるのか……。
 とにかく現代人の常識ではなかなか推し量れないのでありました。まあ当たり前だよね!

薔薇のスカート上から

 ところで、母は本に載っている型紙を使い、本に載っている写真を参考にして縫っているわけですが、まったく同じ生地やレースがあるわけないので作っているうちに少しずつアレンジが入っていきます。

薔薇のスカート後ろ

 本ではこんなキンキラキンレース使われてなかったよ!
 外出着というか、帽子を脱いだらピアノの前に座ってる方が似合いそうな感じじゃない!?
 本に載っている方はもうほんのちょっぴり地味なのに、どうしてこんな派手になったんだ……。

薔薇のスカート上から後ろ

 ちなみに後ろのリボンは、本来はそれぞれ大きさが違うものを付けるようになっていました。下にいくにつれて少しずつ大きくなるのかな?
 しかし同じデザインでサイズ違いのリボンを持っていなかったので、ここでは全部同じ大きさになっております。
 母は気に入らないらしく、「そのうちお店にリボンを物色しに行きたい!」とのこと。

 ええー。私はこれでいいと思うナー。

 というか、人間用には使えない端布などをジェニーちゃんに渡すことにより、「なんということでしょう! こんなに素敵なお洋服に!」というのも醍醐味だと思うんですね。

 ぶっちゃけて言うと廃品利用……。

 しかしできあがりを見よ! 誰にも「廃品」なんて言わせねぇ! という、ね!

 だから専用にアイテムを仕入れるのは邪道! 邪道だと思うんですよ!!!

 今までずっと廃品でやってきたじゃない!

薔薇のスカート正面明

 実はこの金糸入りレースも、母が以前自分用に作って今は気に入らなくなったペチコートのレースをはぎ取ったものなんです。立派な廃品!

 え?

 それよか、「ペチコートって普段はくもんなの?」って?

 時と場合によっては!!!!!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


人気記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。