スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェニーちゃんと青いマーメイドドレス

 今度は青だったー!

青いマーメイドドレス

 マーメイドドレスです! 以前の作品の派生ですね。(→ジェニーちゃんとチョコレートマーメイドドレス

 でもやっぱり色が違うと雰囲気が違う!!
 確か母が青いドレスを作るのは初めて? だったと思います。

 青は青でもキリッとした青で、ジェニーちゃんの細さが一層際立ちますな!
 写真では全然わかりませんが、生地には直線の織り柄が入っています。

青いマーメイドドレス横

 ああ~それにしてもマーメイドドレスってカッコイー!

 現実には絶対着られそうにない、着られたとしても絶対歩けそうにないシルエット重視のデザインがまた素晴らしい!

 まぁ、おかげでスタンドの立たせ方に悩むんですが……(笑)

 腰を左右からつかんでいる透明のアームはスタンドです。
 照明で光っちゃって、はっきりくっきり写ってますね……。

青いマーメイドドレスアップ

 首元と腰の前にはビーズ。

 お腹のところはちょっと歪んじゃってますが、これは撮影者(私)の不手際です……。
 縫い付けられているのは両端だけで、真ん中はぶら下がっているだけなんですね。

青いマーメイドドレス斜め後ろ

 そしてなんといっても後ろのリボンがいい感じ!!!

 特大のリボンですが、全然子どもっぽさを感じさせず、むしろ着物の帯というか、バタフライって感じです!(何言ってんだ)

 このリボン、母はかなり角度にこだわっていました。
 下側がちょっと内に傾きすぎだな~とか、もう少し大きい方が美しく見えるかな~とか、色々。
 足の両サイドの部分も、もうちょい締め付けた方が美しく見えるかな~などなど、細かい修正の繰り返しです。

青いマーメイドドレス後ろ

 母はむらっけがあって、縫うときは何枚も一気に縫うけど、縫わないときは何ヶ月も縫いません。
 でも縫い始めるとかなり早くて、調子の良いときは端布~完成まで3,4時間で縫い上げてしまいます。
 が、仕上げの微調整はそれまでかかった時間以上に時間を食うことが多いです。

 こだわりですね。母の美意識が許さないんですね、たぶん!

青いマーメイドドレス斜め前

 でもこのドレス、デザイン自体は割と本に載っている通りの仕上がりなのかな?



 確かこのマーメイドドレスが載っているのは『ジェニーno.1 パーティードレス (わたしのドールブック)』だったと思います。
 母に比べると私はあまり本を読み込んでいなくって……。
 母も図書館で取ったコピーを適当にファイリングしているだけなので、時々どれが何だったかわからなくなります。
 やっぱコピーより現物本を所有してるのが一番だよなぁ……。うーん……。

青いマーメイドドレス上から後ろ

 あ、でも帽子は母のオリジナル? ですね。
 といっても、前と同じ型ですが。(→ジェニーちゃんとチョコレートマーメイドドレス

青いマーメイドドレス上から前

 マーメイドドレスには鍔の広い帽子が似合う!

 帽子についている大きなリボンもお気に入りです♪
 紐が固そうなのがちょっと気になるけど、それもまたよし!(笑)

 帽子も母にとって『仕上げ』の範疇なので、いつも時間がかかります。
 ドレスと同じくらい……時にはドレス以上に時間がかかる。
 本に載っている写真ではジェニーちゃんは髪を結っていることがほとんどなので……。
 それぞれのドレスに似合う帽子のデザインを模索するところから始まるため、余計に手間取るんですね。

 でもこのデザインは以前すでに手応えをつかんでいたので、珍しく早めに仕上がったようです。

 最終的にどうなんだろう?
 リボンの調整でいつもより時間がかかったのか、帽子のおかげでいつもより早くすんだのか。

 まぁ大事なのはこのドレスがいい感じ♪ ってことですね!!






追記

 コメントで帽子の型紙についてリクエストいただきました!

 お返事を書いていたら長くなったのでコメント欄ではなくこちらに載せておきますね。
 ……でもあの、最初に謝っておきます。ごめんなさい……。

青い鍔広帽子

 この鍔広帽子の型紙は、



>ジェニー〈no.2〉手作りドレス教室―和田恵美子作品 (わたしのドールブック)
>http://www.amazon.co.jp/gp/product/4529030970

 ……の22ページに、鍔がハート型になっている帽子の写真があるそうです。型紙の方は33ページ。

「そのハート型を適当に丸い形に変えて、鍔を幅広にしただけよ? 深さも適当に浅くしただけ」by母。

 という適当さでした!(オイ!)

 一応チョコレートマーメイドドレスを作ったときに「鍔だけ型紙作ったよ?」と言うので探してもらったんですが、十数分後「あれ? どっかいったみたい……」という返答が!(オイィ!)

「でもね、茶色より青い帽子の方が鍔が広いんだけど、それは型紙より5ミリくらい外側を適当に切っていっただけだから~」by母。

 ……はい。
 母はチャコペンシルなどで布に線を引いたり一切しないんですね……。

 いつも布を裁つときは、型紙と布をまち針でとめるだけ。その周りを無造作に切っているだけなんだそうです。

「だって線引くの面倒でしょ?」by母。

 あーのーねー!
 色々適当なのはよくわかった! でも母の型紙を見たいって言ってくれてる人がいるんだよ! いくら目安程度の型紙でももっとちゃんと探してよぉぉぉっ!!!!

「ジェニーちゃんの帽子は色んな本に載っているから、それで頭のサイズさえわかればどうにでもなるわよ~」by母。

 もちろん帽子についているリボンの大きさも適当だそうです。
「残っていた端布の大きさで決まったの」by母。

 同じ物は二度と作れない……!

 うちの母テキトーですみません! ホントすみません!

 こんなに適当でもなんとかなるなる! というのが、何かの参考になったらいいナー……と思います(遠い目)

帽子たち

 ところで、『わたしのドールブックシリーズ』を揃えるのって大変ですよね……。
 中古の出物を待つしかないし。高いのだと4000円近いプレミアがついていたりする……。



 (『ジェニー (No.21) ゴシック&ロリータスタイル (Heart warming life series―わたしのドールブック)』、2014年9月11日現在、3800円……)

 ふざけんなし!!!

 そこで国立国会図書館ですよ。

>国立国会図書館―National Diet Library
>http://www.ndl.go.jp/

>NDL-OPAC 国立国会図書館 蔵書検索・申込システム
>https://ndlopac.ndl.go.jp/

 『ジェニー 手作りドレス教室』とか、請求番号『KB293-G25』で検索すると『ジェニー. no.2. 』がリストに並んだので、たぶん所蔵されているのだと思います。

 私は近所の図書館にたまたま『わたしのドールブックシリーズ』があったのでこのシリーズに関しては利用していないのですが……。

 国立国会図書館は東京にお住まいの方以外でも、調査・研究目的なら郵送複写サービスを利用することができます。(有料。白黒orカラー、コピーサイズとページ数次第でお値段かなり変わります)
 あらかじめ無料のID登録手続きが必要で、コピーできるのは全ページ数の半分未満と、色々面倒な点もありますが。
 本の一部だけを入手したい&その部分のページ番号がわかっている場合には、それなりに有用な手段だと思います。

 ドールファッション研究の夜明けは近いっ!(まじめ)

 しかし……あくまで最終手段ですね。
 安くて状態の良い古本と出会った方が断然いいことは言うまでもありません。
 やっぱり一冊まるまる読みたいし、写真の美しさはコピーじゃ出ないし、国立国会図書館は「たま~にコピーが不明瞭でも許してネ☆」って明言していますから。
 ただ一度私の手元に届いた「ゴメン、コピーが不明瞭☆」物件は、「どこが不明瞭?」って感じでした。まぁその時々の状況によるのでしょうが。

 余計な話が長くなってしまいました。

 ようするに、『わたしのドールブックシリーズ』が復刊すればなんの問題もないんですよっ!
 私だって図書館になかった分の巻を読みた~い!!!

 お願い! 復刊ドットコム!

>復刊ドットコム~「絶版・品切れ」で手に入らなくなった本を皆様からの投票で復刊させよう!
>http://www.fukkan.com/

>復刊ドットコム - 「わたしのドールブック ジェニー」の検索結果 復刊リクエスト一覧
>http://www.fukkan.com/list/rsearch?search%5Bname%5D=%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%AE%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF+%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%BC&x=0&y=0

関連記事

コメント

No title
きゃー新作いっぱいきてるぅぅうう~
どれもこれも素敵ですね!!
茶色系も素敵ですが青いのもまたシックで素敵です!私は濃い色の布だと型紙からうつすのが見づらくて敬遠しがちなのですがお母様はさすがですね!オリジナルの帽子も素敵です。ぜひどんな型紙からつくってるのかお見せ願えませんか??そして図書館にわたしのドールブックシリーズがあるなんていいなぁ・・ドールブックシリーズはまだ2冊しか手に入れてないのでうらやましい限りです。お母様の作品を拝見していたら私もどんどん作りたくなってしまいました!これからも楽しみにしています
ありがとうございます!
母も「えらい褒めてくれるわね~(照」と喜んでおりました!
ただ……色々とすみません……。長くなったので記事本文の方で弁解させていただきました。よかったら追記分も見てやってください……。

あんとわぬさんのパフスリーブも拝見しましたよ!可愛い~!どっちも可愛かったです!
母も「白いヨークが効いてるわね~!お靴とリボンもちゃんと合わせてあって可愛いわ~!」とか、「おとなしい色なのに可愛いじゃない!背中にレースのリボンがある……?後ろも気になるわ~!」とか、ウキウキしていました!
それにしても、私からすると手縫いってものすんごいことなんですが、次々と縫い上げていてすごいですね!いやもう、すごいとしか言えないです。
次はついにパフスリーブの究極版が!?気になります!!
No title
お~帽子はあのハート型のやつでしたかー
わざわざ探していただいて恐縮です><
追記での説明ありがとうございました
型紙はジェニーファッションクラブやジェニー(雑誌)あたりからも参考にはしているんですが
やはりわたしのドールブックシリーズが一番わかりやすいんですよねーちまちま買い集めていこうかなぁ…と。よくみたらロングドレス、和服、手作りドレス教室の3冊もってたようです。復刊ドットコムは参加してるんですがなかなか人数あつまりませんねぇ・・・
そしてパフスリーブのワンピはmomokoのクラシカルロリータというドレスがほしくてまねっこしてみたものです、ヨークまわりがまだ未改良なのでまだまだ程遠いのですが。。黄土色のワンピは腰部分をリボン状のレースで縛ってあるんです。
そしてお母様は型紙写しなしであれを仕上げられていたんですね!すごいです。。私は黒いものなどは型紙をセロテープでぴっちりはりつけてセロテープごと布をきったりしています。
ミシンはほしいんですがいかんせん予算が!別に手縫いにこだわりがあるわけではないんです。。
長文になりましたがいつも楽しく拝見させていただいております
コメントありがとうございます!
クラシカルロリータいいですね~!母とイメージ検索して盛り上がりました!
すると母がおもむろに『ジェニー (No.21) ゴシック&ロリータスタイル (Heart warming life series―わたしのドールブック)』のファイルを取り出してきて、「もしかしてこの本に載ってるコレじゃない!?」と。
「でもあんとわぬさんはこの本なしで現物から型紙を起こしたのね」「「すごいよね~!」」結局スゴイ!
セロテープについても、「丁寧できっちりした仕事をしようとする人なのね!」と感心しておりました!
手縫いは大変そうだなぁ……とつくづく思うのですが、写真を拝見すると縫い目に暖かみがあってステッチみたい!これが手縫いの味なんだなぁ~と思ったりしました。
「手縫いでそれだけ縫えるっていうのがすごいわぁ」by母。
真性面倒くさがりの母には色々とまぶしいようです。もちろん母の血を引く私にとっても非常にまぶしい!
いつも良い刺激をありがとうございます!
No title
クラシカルロリータなかなかかわいいですよね~
いろんなワードで検索中にヒットしましてほしくてたまらなくなってしまったんです
そしてno21もおもちでしたか!ぜひほしい一冊でしたので中古の捜索でもしようかなぁと決意いたしました!
待ち針どめだけで切り抜いてきちんと仕上がるのは経験のなせる業だと思います。中学校の家庭科あたりで技術がとまっている私にはまぶしいくらい><
あまりにも技術がなさすぎてフェルトの洋服からちまちま作ってなんとか布でもどうにか形にできるようになったばかりなのですよ・・
ビーズ刺繍やレース生地の縫製などさらっとやられているお母様は師匠とお呼びしたいくらいです!!
お買い得な中古本に出会えるといいですね!
no21は母に言わせると「体にぴったり沿ったおしゃれなブラウスがたくさん載っててイイ!」そうです。もちろん可愛い服も載っていました!


フェルト卒業して間もないですと!?まさか!「最近縫い始めた方か~どんなのかな~?(Twitter見て)ベテランじゃん!!!!」ってなもんでしたよ!
母も「そうは見えない!」と言っております!
そのあと師匠呼びを見て笑いながら向こうの方に逃げていきました(笑)
母の年齢層だと縫える人も多く、普段そこまで褒めてもらえないので、相当反応に困ったようでした(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


人気記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。