スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[小説] 島田荘司全集 Ⅰ(島田荘司)感想



 かなり分厚い本です。
 『占星術殺人事件』『斜め屋敷の犯罪』『死者の飲む水』の、長編三本が収録されています。

 推理小説って、たぶん名前の通り、推理しながら読むのが正道なんだと思いますが……。
 何時何分誰がどこにいて、この部屋はあの部屋からは行けなくて~~うんたら~かんたら~~言われてもちっとも頭に入らないんですよね……。
 アリバイの有る/無しだけ把握しとけばいいのかな? とも思うんですけど、結構なページを割いて上述の情報が書いてあるので、いつもとまどいます。まぁ、結局は読み流すんですけどww
 『斜め屋敷の犯罪』では、入り組んだ屋敷に対して警察が「ややこしくて頭に入らん!」みたいな、私と同じようなことを言っていたので笑いましたw
 やっぱりああいう部分は読み流していいんだよね?? ねー。

 しかしそういう部分を読み流しても、やはり私には推理できないのです……。
 作中の登場人物と一緒に「これは一体どういうことだ? わからん!」で止まっちゃうんですね。
 一応頭の片隅では、「アイツ特に関係ないくせに、妙に出てきて怪しいな」とかも思ってるんですけど、それは“小説のセオリー”から推理しているのであって、作中のパズルを解いているわけではない。
 それに、いざ犯人が思った通りの人物と確定すると、「これは犯人当てのミステリーじゃなくて、トリック当てやアリバイ崩しが本領だったんだろうなぁ」なんて思うわけです。実際そうだと思うんですよ。
 『斜め屋敷の犯罪』はそんな感じでした。

 でも、『占星術殺人事件』は、犯人どうこう以前に、単純に「へぇぇーっ!」って思わされました。
 そもそも犯人当てどころじゃなかったと言いますか……。
 作者のもくろみ通り、オカルト的な気味悪さの方に気を取られていて、「この話はホラーっぽく(真相がすべては明らかにならないで)終わるんじゃないか?」なんて思ってたんですね。
 しかしさすが、最後には見事につまびらかになりました!
 トリックの善し悪しなんて私にはわかりませんが、純粋に「その発想はなかった!」「犯人すげー!」と思ったので、とても面白かったです。

 ところで、この話には探偵役として「御手洗潔」なる人物が出てきますが、そういえば以前、この探偵が出てくる本を一冊だけ読んだことがありました。
 もはや記憶がさだかではありませんが、確か『暗闇坂の人喰いの木』だったと思います。
 この話はちょっと理屈では説明しきれない部分を残した、オカルトめいた終わり方をしたような……? いや、本当にもう全然さだかじゃないんですが。
 うっすらとした記憶が少しだけ残っていて、それで余計に『占星術殺人事件』も似たような終わり方をするんじゃないか? と思ったんですね、たぶん。
 この『暗闇坂の人喰いの木』もたいへん面白い本だったと思います。「御手洗潔」の名をしっかり覚えていますからね!!

 で。『占星術殺人事件』の後に『斜め屋敷の犯罪』が収録されているのですが、これは読んでいる間ずーっと御手洗&石岡コンビの登場が待ち遠しかったですw
 いやぁ~、探偵が来るまではみんな五里霧中状態ですから、早くスカッと解決して欲しいですよ!
 私は探偵の快刀乱麻な活躍が見たくてミステリーを読んでいるのかもしれません。
 それにやっぱり、探偵役の洒脱な会話はいいものです!

 が。その後の『死者の飲む水』には、御手洗さんたち出てきませんでした。『斜め屋敷の犯罪』に登場した警察官が出張っているので、当然いずれ出てくるものと思っていたのに……。
 後書きを読んでみると、当時探偵役が出てきて~というのは格の低いミステリーだと思われていた??? みたいですね。
 今度の主人公は中年刑事にしろと編集さんに言われたのだとかなんとか……。

 そんなわけで、前二篇とはちょっと様子が違うんですけど、これはこれでちゃんと面白かったです。
 殺された被害者が清廉潔白すぎて警察が歯噛みする(加害者の動機が割り出せない)シーンとか、警察官って因果な商売だなぁと思いました。
 それと、ラストの長大な自白部分がぐっときましたね。
 ちょっと長いな~とは思ったんですけど、なぜ殺すに至ったのかはしみじみ伝わってくる内容でした。

 それにしても、推理小説作家は死体とか殺人とか、書いていて怖くならないんでしょうか。
 ホラー映画じゃ撮影前にスタッフがお参りに行く、なんていう話を聞きますけど、推理作家はそういうのないのかな?
 それというのも、作中ではバラバラ殺人等、色々と凄惨な状況が出てきますが、その割にまるでパズルのピースをかき混ぜるみたいに、小説を構成するただの一要素としてしか扱われていないような気がするんですね。
 死体だろうがなんだろうがおかまいなく、恐れ知らずに使っている感じと言いますか。
 まぁ突き詰めて考えるとパズルのピース以外のなんだってんだ? とは思うんですが。
 私なんかは、夜中に一人で読んでいたりすると、ちょっぴり背後が怖くなることだってあるんですよ!!
 作者は平気なのかい??? なんてことを思いました。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


人気記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。