スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[映画] 魔法にかけられて(監督:ケヴィン・リマ)感想



 ディズニー映画です。
 ディズニーアニメのお姫様が現実世界で実写になっちゃってどうしましょう。といったお話です。

 テレビでCMやってたとき、道路の真ん中でいきなり歌い出したお姫様(実写)が往来の人々に押し流されて倒れるコミカルシーンでうちの母がウケてウケて。「そうよねー、実際あんなことやってたらそうなるわよねー」とえらく笑っておられました。
 それから何年もたってようやくDVDで見たわけです。

 アニメから実写になったがゆえのコメディーに期待してまして、CGと実写の入れ替わりなんかにはたいして興味なかったんですが、これが結構面白かったです。
 お姫様のアニメ顔は実写だとこうなるのかー。アニメの方が可愛いよなー、と思っていたら、最後の方には実写の方のお顔も可愛い! 美人! と思うようになっていたり。
 王子様のCGと実写がソックリすぎて笑ったりw
 CGでは可愛かったリスの実写がリアルすぎて笑ったりww

 CGといえば、お姫様のお友達としてハトやネズミが登場するのですが、妙にリアルなので「最近のCGはすごいなー」と思ったら、特典映像で明らかになりました。本物でした!
 ハトとネズミの調教師さんがちゃーんといるんだそうです。ハトはともかく、ネズミって! ネズミ調教できんの!? 有名なチーズと迷路の実験で頭良いことは知ってたけど、そこまでとは。ビックリだよ! でもネズミの持ってる雑菌怖いです……。

 そんな感じで、映像的にもとっても楽しかったです。
 ミュージカルでダンスも入るし、ダンサーいっぱいのシーンは圧巻でした!
 お姫様の来ているドレスがくるくる広がったり、もげたり、ちぎれるのも面白かった!

 ストーリーの方はというと、素晴らしいラブロマンス。
 途中ちょっとハラハラさせられましたが、ディズニーの安心感ってすごいですねー。絶対泥沼にはならないってわかってますもん。悪い意味じゃなくて、落ち着いてみていられる。
 ちょっとでも嫌な気分にはなりたくないんだよー、ただひたすら楽しみたいから映画を観てるんだよー、という時に最適!

 そしてもちろん最後はハッピーエンド。
 展開としては王道ですが、王道は王道だからこそ良いものですし、途中色々なおとぎ話のパロディーも入っていて楽しかったです。
 まさに“かくあるべし”といった終わり方でした。

 そして特典映像がまた、前述したもの以外にもなかなか面白いものが入っていました。
 未公開シーンがカットされた理由とか興味深かったなー。
 確かに不要かもと思うものの、あった方がよりわかりやすかったんじゃないかと思うシーンもあり。しかしテンポを重視するならやはりいらないのかなー? なんて。監督になったつもりで観ていましたw

 とにかく隅々まで面白かったです!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


人気記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。