スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アニメ] 超訳百人一首 うた恋い。第12話 感想



 第12話は「道雅と当子 左京大夫道雅」「うき世の月 三条院」です。

 イセエビー……。
 なんで定家、ネタやらないと死んでしまうのん……?

 12話はどストレートな悲恋でしたねー。
 身分違いの恋がバレて引き離されて終わり、という。筋書きだけ見ればなんてことのない話です。
 原作を読んだときも割と何気なく読んで終わった気がします。
 ネットで感想を見てみたらたぶん陽成院の次くらいに人気……? みたいで、驚いた覚えが。

 確かに、「幼い頃好きだった人との再会」とか乙女心をくすぐります。
 道雅の顔がいかついのも美女と野獣ばりでポイントアップ!
 「私をさらって☆」なんて、ラブストーリーの王道中の王道!
 それでいて当子の性格が悲恋向きじゃないのが余計に悲しさをそそります。
 道雅の家の栄枯盛衰をプラスするとなおさらだね!

 でもお話としてはそれだけなんだよな……。
 だからあれだ、12話を支えているのはひとえに萌え! 萌えなのですよ!
 “不幸なあなたを私が幸せにしたかった”萌え~。萌え~。
 ……終わり。

 だって引き離されて二度と会えなくなって本当にそれだけで終わりなんだもん……。
 ハーレクインならふっきれた道雅が当子をかっさらうところまでお約束としてやるだろうよ!
 ここで終わりなんて実話じゃなかったら絶対に許されないよ!!!!

 うた変の現代パロは作者のストーリーテラーとしての矜持がやってくれたんじゃないかなぁ……?
 あの現パロはとても好きです!!

 あー、全然アニメの感想になってないw
 今回の演出は色んなところで「使い回し」と評されていましたが、前半は道雅視点、後半は当子視点なので、私は全然気になりませんでした。
 飽きてくる絶妙のタイミングでモノローグが入ったと思います。良い演出でした。

 さあ次週、最終回はいよいよ定家!
 大丈夫か定家、伊勢エビの着ぐるみ被っている場合じゃないぞ!
 楽しみです!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


人気記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。