スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[書籍] 1日が見えてラクになる! 時間整理術!(池田暁子)感想



 作者はイラストレーターさん。
 全ページがマンガになっていて大変読みやすい本です。
 本っていうか、マンガだな、うむ。マンガである!
 わかりやすい! さらっと読める! 面白い!

 作中至る所にあるあるネタが見られます。
 「夏休みの予定表を完璧に仕上げたが、実行することなく最終日を迎える」とか、「試験前に関係のないことを始めていまい、勉強できていないまま試験前日。今からやっても無理かと妙な爽快感を得る」とか。
 わかる……。わかるわぁ……。
 ここで共感を得られる人は読んでみて損はないでしょう。「あるある」って笑うだけでも面白い!
 でも実は結構役に立つ本じゃないかと思っています。

 ちょっと前にGTDが流行りましたが、あれってなんか「ビジネスマンの秘技!」みたいな宣伝の仕方? まぁそんなふうなイメージ作ってたじゃないですか。
 結構入り口のところで「ビジネス」の雰囲気に気圧されてハードル高く感じた人もいるんじゃないかと思うんです。

 それに比べるとこちらは主婦向けというか……、初心者向け。
 「あるある」ネタの持ち主である作者さんが四苦八苦しながらどうにかしていく様子が描いてあるので、「私にもできるかも」とか、「そういうのでいいんだ」とか、「それは私もそうなるだろうなぁ~」とか、とにかく共感しやすいです。

 私はこういうものを読むといつも「よし、実践するか……。今度こそやるぞぉぉ~っ!!!」と気張って気負って突っ走ってすぐに失速してしまうことを繰り返してきましたが、この本を読んだ後は「試しにやってみよっかな♪」といった感じで取りかかることができました。
 とりあえず今日で一週間続いています。

 どんなことを実践しているか?

 それは本を読んでみてください!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


人気記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。